夕凪、アンサンブル

大好きなUNISON SQUARE GARDENからアニメ、音楽、今晩のおかずまでありとあらゆることを喋りますTwitter→@yu_nagi_dayo

「Dr.Izzy」の曲順を解剖する

 

 

ニゾンの6th album「Dr.Izzy」のテーマは、「ユニゾンを、解剖する」
今回はそのアルバム中盤(4〜6曲目)について考察してみたいと思います。


まず4曲目「マイノリティ・リポート(darling,I love you)」と6曲目「マジョリティ・リポート(darling,I love you)」がリンクしていることはタイトルからして明らかなのですが、この2曲の関連性についてはよく分かってません。(知ってる人いたら教えて)

ていうか「マイノリティ・リポート」っていう映画ありましたよね、何か関係あるんですかね?(よく分かってない)

 

ところで、5th album「Catcher in the spy」にて最初と最後の曲のタイトルを被らせて配置するという手法がありましたね。
「Catcher in the spy」についてもいずれ語りたいんですが、知らない方は調べてください。

 

そして、今回は全体の真ん中に位置する2曲のタイトルを被らせています。
似たタイトルの曲が連続するのは僕個人的にはあまり美しくないので、間に「オトノバ中間試験」というキラーチューンが挟まれているのもポイント高いですね。


これも個人的に、アルバムを聴いていて思うことですが、序盤はシングルやリード曲が多くワクワクする感じ、終盤はアルバムを締めにかかるのでやはりインパクトの強い曲が並んでいる感じがするのですが、そうすると中盤はどうしても中弛みを感じてしまうんですよね。

そこでこのアルバムでは、中盤の曲に「物語」を持たせることで中弛みしない工夫を凝らしているのだと思います。例えば、

 

マイノリティ・リポート(darling,I love you)
オトノバ中間試験
パンデミックサドンデス

 

という風に曲が並んでいたらどうでしょう?
どれも良い曲ですが、並び順に意味は感じませんよね。しかし、

 

マイノリティ・リポート(darling,I love you)
オトノバ中間試験
マジョリティ・リポート(darling,I love you)

 

と並んでいるとどうでしょう?
何だかこの3曲が一つの「物語」のように繋がっている感じがしませんでしょうか。
これこそが「田淵マジック」ではないかと僕は思っています。

「田淵マジック」…言葉選びや曲の展開、アルバムの構成などで視聴者をワクワクさせる仕掛けのこと。僕が勝手に使ってる言葉です。流行れ。

 


結論
中盤も飽きさせない作りになっている「Dr.Izzy」でした。