夕凪、アンサンブル

音楽、映画、アニメに漫画、今晩のおかずまで好きなことを喋るブログTwitter→@yu_nagi_san

「10% roll, 10% romance」が発売された件

ついに出ましたね、およそ2年ぶりくらい?のユニゾンのニューシングル「10% roll, 10% romance」です。

 

せっかくなので、一曲ずつ感想を書いときたいなと思います。

 

10% roll, 10% romance

アニメは観てないんですが、チラ見した感じではテーマに合ってていい曲だなと思いました。

歌詞やメロディーはいい意味で通常営業という感じで良かったです。

個人的には、Cメロ?(ひとつまみの〜ってところ)は一聴ではちょっと訳わからない感じのコード進行とメロディーの乗せ方でニヤッとしてしまいました。

 

「RUNNERS HIGH REPRISE」

元々the pillowsとのライブで披露したリスペクトソングらしいですね。

最近ユニゾンの情報を熱心に調べることも減ってきたので(別に飽きたとか熱が冷めたとかではなく)わりと最近知ったのですが。

 

前にthe pillowsさわおさんが、「田淵は俺たちのことが好きなのに俺の曲に似た曲を全然作らない」みたいなニュアンスの愚痴を言ってた気がするんですが、今回ついに、田淵さんのピロウズ愛が炸裂した曲が発表された訳ですね。

僕は、「思いつきごときなんかで世界が動かせるわけないだろう」の歌詞が好きです。

 

flat song」

すっごいいい曲。僕ユニゾンのこういう曲大好きなんですよねぇ。ただ、これは何について歌っているんでしょう…。

「君が大人になってしまう前に」は多分「おおかみこどもの雨と雪」、「8月、昼中の流れ星と飛行機雲」は「ひるなかの流星」、「僕は君になりたい」は「放浪息子」と、こういう系の曲は何かテーマがある曲だと思うんですが。

誰か分かる人教えてください(懇願)

 

ちなみにこの曲はデビュー前からあった曲みたいですね。ソースが曖昧な情報ですが。

 

 

 

10% roll, 10% romance (通常盤)

10% roll, 10% romance (通常盤)