夕凪、アンサンブル

音楽、映画、アニメに漫画、今晩のおかずまで好きなことを喋るブログTwitter→@yu_nagi_san

HUNTER×HUNTER 369「限界」感想

唐突にはじまる漫画感想ブログ。

 

HUNTER×HUNTER」は以前から大好きな漫画なんですが、一話から感想書いてたら終わらないので今週のジャンプから始めることにしました。

まぁ、いつまた休載に入るか分からないんですけど(笑)

 

さて、愉快な仲間たちと船で旅に出ることになったクラピカは王位継承戦とは名ばかりの殺し合いに巻き込まれ、一人の王子と妃を守るために四苦八苦!そして、ついに一人の王子が殺されてしまう!さらに力の浪費で気を失ってしまうクラピカ!この先どうなってしまうのか!

 

先週まではこんな感じだったわけですが、今週はクラピカが目を覚ましたところから始まります。

 

クラピカの「絶対時間」は緋の目になっている間、全系統を100%引き出すことができる強力な能力ですが、このような強力な能力には相当重い「制約と誓約」が必要なはずです。

 

先日明らかになった「絶対時間」の制約は、「1秒につき1時間、寿命が縮む」というもの!

 

f:id:ymmtyt:20170828005646j:image

 

クラピカは起きていた3時間と眠っていた9時間、合計12時間能力を発動し続けていました。

この時点でクラピカの寿命は概算で5年減りました。…5年!!?

 

このペースで使ってたらすぐ死んでまいますわ、クラピカはん…。

 

しかも、この12時間の間「絶対時間」を使用することで得られた情報は殆どナシ!!

やめて!もうクラピカくんのライフはゼロよ!

 

 

さてその後、王子を守るために念能力を取得したいと言い出したオイト王妃。

 

f:id:ymmtyt:20170828010022j:image

 

 クラピカのドルフィン?は念能力のない者に使うとその人に眠っている能力を目覚めさせてしまうらしいです。

 

これまた上手い設定ですねぇぇ。

すっと納得してしまいました。

 

 

そして、そんなこんなで念能力の情報と習得を望む王子たちの部下たちがクラピカたちの部屋に集まりました。

 

第一王子、ベンジャミンの部下たちはみな念能力を習得しているわけですが、クラピカや他の王子の動向を探るために2人目の兵がやってきました。

f:id:ymmtyt:20170828010730j:image 

彼は何やら能力者を見分ける方法を心得ているようです。自称ですが。

そんな彼がさっそく発動してきた能力…

 

f:id:ymmtyt:20170828011041j:image 

 

間違えました

 

f:id:ymmtyt:20170828011122j:image

 

そんなわけで今週はここまででした。

 

最後に一言「ビルの髪型スライムか何かなんでしょうか」

 

 

本記事の画像は全て各権利者様に帰属しております。

問題などありましたら、即時対応させていただきます。